誰にでもわかるエスペラント44 of EPA


誰にでもわかるエスペラントー英語との比較から その44ー
講師:矢野裕巳 YANO Hiromi
動画はこちら→誰にでもわかるエスペラント講座44

出口日出麿著『生きがいの探求』


思うことは在ることであり、生ずることである。人間は、自分の狭い心から、求めて敵をつくっているのである。たとえ自分を苦しめる者さえも、好意をもって待遇してやれば、やがて先方もその非を悔いるようになるものである。なぜならば、人の性は善であるからである。

Pensi estas ekzisti kaj ekzistigi.
Homo kreas malamikon per sia malvasta koro.
Se homo traktas kun bonvolo eĉ tiun, kiu lin turmentas, baldaŭ
tiu nepre pentos, ĉar la homo esence estas bona.
(伊藤栄蔵訳)


《解説》
pensi 考える事  ekizisti 存在する事、実存する事  
ekzistigi 存在させる事  kreas 作り出す 創設する 
malamiko 敵  per sia malvasta koro 自分自身の狭い心で
traktas 交渉する、取り扱う 他動詞traktas の目的語はtiun
kun bonvolo 善意で kiu lin turmentas はtiun を修飾する形容
詞節 lin =homon 自分を苦しめる者 
baldaŭ やがて nepre 必ず pentos 悔やむ  
ĉar なぜならば 
esence 本質的に bona 善良な




To think is to exist and to bring things into manifestation.
Man makes enemies of his own free will by the narrowness of his spirit.
Even towards those who torment him, if he were to receive them with goodwill,
before long they would come to repent of their error.
For human nature is basically good.




《解説》
to think 考える事 to exist 存在する事 to bring things
into manifestation 物事を生み出す事 
of his own free will 自身の自由意志で
by the narrowness of his spirit 自身の心の狭さによる 
Even towards ~ たとえ~に対しても  
those who torment him 自分を苦しめる人たち
were to ~ 仮定法過去 仮に~ならば 

receive them 自分を苦しめる人達を受け入れる
with goodwill 善意で before long やがて 
come to ~するようになる
repent of their error 自分の誤りを後悔する
for というのも  human nature 人間の性 
basically 基本的に 
good 善良な