誰にでもわかるエスペラント41 of EPA


誰にでもわかるエスペラントー英語との比較から その41ー
講師:矢野裕巳 YANO Hiromi
動画はこちら→誰にでもわかるエスペラント講座41

出口日出麿著『生きがいの探求』


浮き世の名利(みょうり)を希望するのは普通のことであるが、 だれでも、真に世を渡りつくした人は、もはや浮世的な名利を希望するのではなく、真の心の落ち着きを希望するようになる。   
真の心の落ちつきは、神に根ざさなくてはならない。
神は一つであるが、その説き方、それを説く人によってそれぞれ変わってくる。



Ordinare homoj esperas pri honora titolo kaj monprofito, sed post travivado de la vanta mondo, ĉiuj esperas akiri veran trankvilecon de la koro, anstataŭ honoron aŭ monon. Neskuebla trankvileco devas esti bazita je Dio. Dio estas unu sola, sed montriĝas varia laŭ maniero de prediko, laŭ personeco de la predikanto.
(伊藤栄蔵訳)


《解説》
ordinare 普通は esperi 希望する esperas(他動詞) honoran titolon =esperas pri (自動詞)honora titolo =名誉の称号を希望する
mono金+profito利益→monprofito金銭的利益 travivi  生き抜く、経験する travivado ある程度の期間を生き抜いた事、経験したこと vanta 空疎な、取るに足らない akiri 獲得する veran trankvilecon 真の平静(安心)koro 心
anstataŭ (前置詞)〜のかわりに skui 揺り動かす→skuebla 揺り動かせる→neskuebla 揺り動かせない devas esti bazita 基礎が置かれてなければならない je Dio 神のもとに  前置詞はje ではなく、al, sur でもよい。 unu sola 唯一の  montriĝi 明らかになる
varia さまざまに変化する、変わりやすい lau 〜にしたがって 
maniero 仕方、やり方 prediki 説教する prediko 説教、伝導 predikanto 説教者 伝道者 personeco 人格、人柄



It is quite normal to seek worldly wealth and fame, but those who have lived life to the full are no longer ambitious for these, but wish instead for true peace of mind. True peace of mind has its roots in the divine. God is one, but depending on the manner of preaching and the person doing the preaching, he has many different manifestations.



《解説》
It は形式主語 to 〜が真主語 seek 手に入れようとする worldly この世の wealth and fame 富と名声 quite normal 全く普通である those who 〜の人達 live life 人生を生きる to the full 十分に、心ゆくまで no longer もはや〜ない ambitious for 〜に大きな望みを持つ these =worldly wealth and fame  wish for 〜を 望む instead その代わりとして true 真の peace of mind 心の安らぎ roots 根源
【例文】 War has its roots in selfishness. 戦争の根源は私欲である depending on 〜しだいで    the manner 仕方、やり方 
preaching 説教 the person doing the preaching 説教する人 
different 違った manifestations 表明、明示