誰にでもわかるエスペラント39 of EPA


誰にでもわかるエスペラントー英語との比較から その39 ー
講師:矢野裕巳 YANO Hiromi
動画はこちら→誰にでもわかるエスペラント講座39

出口日出麿著『生きがいの探求』

今まで長い間、よい人が苦しんだのは、修養させられたのだ。だれでも自分で、一度苦しんでみねば、他人のことがわからぬからだ。
苦しむための苦しみでなく、悟るための苦しみなのだ。ただそれだけだ。
真に、霊的に救われている人は、どんな境遇にあっても苦悩を感じるものではない。これに反して霊的に救われていない人は、どんな境遇にあっても非常に苦悩を感じるものである。


Dum la longa pasinteco multaj bonuloj suferis kaj tio estas providenca aranĝo, ke ili sin disciplinu per la sufero. Homoj, nur suferinte mem, povas simpatii suferojn de aliaj. Do ilia sufero ne estas sufero por suferi, sed sufero por kompreni.
Homo, kiu estas jam savita spirite, ne sentas suferon en kia ajn situacio. Male, homo ankoraŭ ne savita spirite, sentas grandan suferon, spite plej favorajn cirkonstancojn.
(伊藤栄蔵訳)


《解説》
Dum 〜の間 pasinteco 過去の意味ですが、ここでは、longa pasinta tempo の事。bonulo 善人 suferi 苦しむ、悩む providenco 神や自然の摂理 aranĝo 準備、手はず Ili =multaj bonuloj kiuj suferas 苦しんでいる善人の人達 ke〜は providenca aranĝo (神の摂理による手はず)を説明しています。sin disciplinu 自分自身を訓練する、修養する per la sufero 苦しみを用いて Homoj nur suferinte mem 自分自身が苦しんだ人だけが povas simpatii 共感する事ができる  suferoj de aliaj 他人の苦しみ  ne 〜sed 〜 〜でなく〜である sufero por suferi 苦しみの為の苦しみ sufero por kompreni 理解の為の苦しみ 
Homo, kiu estas jam savita spirite すでに霊的に救われた人 sentas suferon 苦しみを感じる en kia ajn situacio いかなる状況においても
Male 反対に homo ankoraŭ ne savita spirite 霊的にまだ救われていない人 sentas grandan suferon 大きな苦しみを感じる spite al (de ) 〜にもかかわらず、spite de (al ) plej favoraj cirkonstancoj 最も恵まれた環境にも関わらず 本文はspite の後ろのal あるいはde が省略されて、favorajn cirkonstancojn になっています。



How long we have watched virtuous people suffer ! This is to hasten them along the way to their own perfection. It is impossible to comprehend what is happening to others until we have gone through the same hardships ourselves. Hardships are not just empty struggles, but lead to enlightenment They serve no other purpose.
Those who have attained spiritual redemption do not feel anguish under any of life’s conditions; while spiritually unredeemed people feel anguish under all circumstances.


《解説》
How long 〜どれだけ長く  watch+ 目的語+目的補語
watch virtuous people suffer 徳のある人が苦しむのを見る
hasten 促進する them =virtuous people who are suffering 徳があるのに苦しんでいる人達 the way to their own perfection 彼ら自身の完成への道
It は形式主語で、真主語は to comprehend what is happening to others 他人に起こった事を理解する事 until 〜まで we have gone through the same hardships ourselves 私たち自身が同じ苦しみを経験する not〜but 〜 〜でなく〜だ  just empty struggles 単なる空虚な苦闘 lead to 〜に導く enlightenment 啓発、さとり They =hardships  serve no other purpose その他の目的に役立たない、かなわない。attain spiritual redemption 霊的罪のあがない,救いを獲得する
feel anguish 苦悩を感じる under any of life's conditions
人生のいかなる条件下においても while 一方 spiritually unredeemed people 霊的にあがなわれていない、救われていない人達 
under all circumstances すべての環境下において