誰にでもわかるエスペラント37 of EPA


誰にでもわかるエスペラントー英語との比較から その37 ー
講師:矢野裕巳 YANO Hiromi
動画はこちら→誰にでもわかるエスペラント講座37

出口日出麿著『生きがいの探求』

春から秋へと一足飛びにはいかない。一から三へいたるには、どうしても、二を経ねばならない。すべてこの世の出来事で、このプロセス(過程)を無視することは絶対にできない。ただ、その時その時の遅速の度があるだけである。


La printempo ne rekte transiras al la aŭtuno.
Unu (1) atingas al tri (3) nepre tra du (2).
Oni absolute ne povas ignori ĉi tiun proceson pri ĉiu afero en
la mondo.
Nur ekzistas diferenco de rapideco transiri.
( 伊藤栄蔵訳)


《解説》
printempo 春 
rekte 直接 
transiri 越える、移行する 
aŭtuno 秋 
atingi 到着する、たどり着く 
nepre tra 必ず~を通して、通じて 
oni 人は 
absolute 絶対に
ne povas ingori 無視する事ができない 
ĉi tiun proceson この過程を 
pri ĉiu afero おのおのの事に関して 
en la mondo 世界の中で 
nur ekzistas ただ、存在するだけです 
diferenco 違い 
rapideco transiri 移行する時間、速さ



The seasons do not change at one bound from spring to
autumn.
To reach three, one must go from one through two.
Such processes are fundamental to the occurrences of this world.
Only the speed of the transformation varies from case to case.

《解説》
at a (one ) bound 一足飛びに 
To reach three 三に到達するためには 
from (A) through (B)  (A) から(B)まで 
Such processes そのような過程は 
fundamental 根本的な 基礎的な 
Occurrences 発生、出現、起こる事 
Only the speed 速度だけが 
transformation 変形、変化 
vary 異なる、様々である 
from case to case 場合によって