誰にでもわかるエスペラント35 of EPA


誰にでもわかるエスペラントー英語との比較から その35 ー
講師:矢野裕巳 YANO Hiromi
動画はこちら→誰にでもわかるエスペラント講座35

出口日出麿著『生きがいの探求』

自己が真に理解し、得心しただけを信じ行なうのが真の生活である。しいて、烏が鵜のまねをしたところで後悔するだけである。
自分の思うとうりをするならば、失敗しても満足ではないか。
自分は「こうするのがよい」と思いながらも、実際は、それと反対な行為をしていたり、お金や世間にしばられて、毎日、いやいやながらの生活をしているなどは、
みな、真の自分はもはや死んでいて、単に、白骨がおどっているのと同じことだ。

Kredi kaj fari nur tion, kion oni vere komprenas elkore,
estas vera vivo. Se korvo penas imiti kormoranon, rezultiĝas
nur pento. Se homo faras ion fidele al sia deziro, li povas
esti kontenta, eĉ se malsukcesos. Se li faras agon kontraŭ sia
konvinko, aŭ malgraŭvole trenas neinteresan vivon, trudate
de mono aŭ sociaj rilatoj, jam vera "li" estas mortinta kaj nur
dancas la ostaro.
( 伊藤栄蔵訳)


《解説》
kredi kaj fari 信じて行なう nur 〜だけを 
tion, kion oni vere komprenas 人が真に理解する事  
vera vivo 真の生活  se もし  korvo カラス 
penas imiti まねようと努力する kormorano 鵜 
rezultiĝas 〜の結果になる pento 後悔 悔恨  
faras ion 何かをする
fi dele al 〜に忠実に   sia deziro 自己の望み  
povas esti( 可能性として)ありうる   kontenta 満足した 
eĉ se たとえ〜であっても   malsukcesos 失敗する  
faras agon kontraŭ 〜に反して行動する
sia konvinko 自己の納得、確信   malgraŭvole 意志に反して  
treni 引きずる、引いてすすむ   
neinteresa vivo 面白くない生活 
trudate de 〜に押し付けられて  trudi 押し付ける、強いる 
sociaj rilatoj 社会的関係、世間体  
jam vera "li" すでに真の自分は  
estas mortinta 死んでしまっている 
ostaro 骨格= skeleto



Performing in confidence whatever one has truly mastered
and accepted is the true life. Even a crow would have to force
itself in order to behave like a cormorant, and in the end would
have nothing but regret.
If you act true to your own inclinations, you can achieve
satisfaction even if the result is far from successful. If, in your
heart, you think you should do something, but do the opposite —
for instance if you live a life chained to money or social image—
it is as though your true self was already dead, and your skeleton
alone was moving about.

《解説》
performing 行なう事 in confidence 自信をもって whatever one has
truly mastered and accepted 人が真に取得し受け入れた事  
true life 真の生活 crow 烏(からす) force itself 自分自身を強いる
in order to 〜するために  
behave like a cormorant 鵜のようにふるまう in the end 最終的に
would have nothing but regret 後悔以外のなにものもない 
act 行動する true to 〜に忠実である 
your own inclinations  自身の気持ち 
achieve satisfaction 満足感を勝ち取る 
even if たとえ〜だとしても result 結果
far from 決して〜ではない 〖例文〗 This work is far from completion
この仕事は完成どころではない 
successful うまくいった in your heart 心の中で 
do the opposite その反対をすること for instance たとえば 
a life chained to 〜に束縛された生活 
as though まるで〜のように your true self 真の自己 
already dead すでに死んでいる  skeleton 骨格 
alone 〜だけが  move around 動き回っている