誰にでもわかるエスペラント31 of EPA


誰にでもわかるエスペラントー英語との比較から その31 ー
講師:矢野裕巳 YANO Hiromi
動画はこちら→誰にでもわかるエスペラント講座31

出口日出麿著『生きがいの探求』

要するに、なし得る範囲において、自己の好むとおりになしたらよいのである。
独創性は変転自在の人にしてはじめて豊富なのであって、頑固、保守の人には、きわめて少量なものである。

Ĉiuokaze ni faru kiel ni volas, en kadro de nia povo. Riĉan originalecon povas havi nur perfektaj liberuloj senkatenaj. Tre malmultan havas obstinuloj kaj konservativuloj.
( 伊藤栄蔵訳)


《解説》
Ĉiuokaze とにかく、いずれにしても  
ni faru やりましょう 
kiel ni volas 我々が望むように 
en kadro de nia povo 自分の能力の範囲の中で 
Riĉan originalecon は havi の目的語で 豊かな独創性を 
nur perfektaj liberuloj senkatenaj は文の主語で 束縛(かせ)のない完全な自由人だけが
malmultan の後ろにoriginalecon が省略されていて、havas の目的語 
obsitinuloj kaj konservativuloj が文の主語で 頑固な人と保守の人



In a word, all will go well if we merely do as we feel we must, to the extent that it is possible for us to do so.
An unoriginal man is a useless man. Only the flexible can be rich in originality. Such originality is extremely rare in stubborn or conservative people.
(ウイリアム・ギルキー、田中雅道 共訳)

《解説》
In a word 一言で言えば 
all will go well すべてはうまく行くであろう 
if we merely do もし我々がしさえすれば 
as we feel we must しなければならないと感じるように 
to the extent that 〜の程度まで 
it is possible for us to do so it は形式主語(仮主語)で真主語は for us to do so 我々がそうする事は possible 可能である
unoriginal man 独創性のない人  useless 無駄である  
Only the flexible 柔軟性のある人だけが 
the flexible = flexible people can be rich in originality 独創性に豊かでありうる 
Such originality そう言った独創性は  
extremely rare きわめてまれである  
in stubborn or conservative people 頑固で保守な人々のなかには