誰にでもわかるエスペラント28 of EPA


誰にでもわかるエスペラントー英語との比較から その28 ー
講師:矢野裕巳 YANO Hiromi
動画はこちら→誰にでもわかるエスペラント講座28

出口日出麿著『生きがいの探求』

偉人傑士(いじんけっし)が名門富豪から出ないで、かえって貧困薄遇(ひんこんはくぐう)の家から出るのも、まったく前者は周囲にたよりすぎる結果、発見、発明、創造することが少なく、したがって真の自己を豊富にすることができないのに反し、後者は周囲の事情からやむを得ず、みずから稼ぎ、みずから勉めねばならないから、自然、発見、発明、創造することが多く、自力がそなわり、見識が高くなり、ついに玉成(ぎょくせい)するにいたるからである。

偉人(いじん)→ 偉大な人   
傑士(けっし)→ 特別にすぐれた人物
貧困 (ひんこん)→まずしくて生活が苦しいこと。  
薄遇(はくぐう)→冷淡なもてなし。不親切な待遇。冷遇。
玉成(ぎょくせい)→玉のように立派にみがき上げること。立派な人物に育成すること。

Granduloj, eminentuloj ĝenerale aperas el malriĉaj, nefavorataj familioj anstataŭ el riĉaj kaj honoraj, kial ?
Ĉar la lastaj, sin dorlotante pro la situacio, malmulte elpensas, eltrovas, kreas kaj tiel ne povas riĉigi sin mem, dum la unuaj, devigataj neeviteble mem perlabori, mem penadi, nature multe elpensas, eltrovas kaj kreas kaj tio fortigas al ili la kapablon, altigas la dignon kaj fine perfektigas la personecon.
( 伊藤栄蔵訳)


《解説》
granda( 偉大な)ulo 人= grandulo eminenta (高名な、卓越した)ulo 人=傑士 ĝenerale 一般的に aperas el  〜から現れるfavori 優遇する、ひいきする 
favorata 優遇されている→nefavorata 恵まれていない 
anstataŭ 〜の代わりに、〜ではなくて
riĉaj(裕福な) kaj honoraj(りっぱな)の後にfamilioj が省略 
kial なぜ la unuaj 前者は  dorloti 甘やかす、ちやほやする 
sin dorlotante 自分を甘やかして 
pro la situacio 個人の置かれた状況に対して 
malmulte 少し、ちょっと elpensas 思いつく、eltrovi 発見する krei 創立する、創設する kaj tiel そしてその結果 
riĉigi sin mem 自分自身を豊かにする la lastaj 後者は 
devigata 義務付けられているので 
neeviteble 避ける事ができない、不可避に 
mem perlabori 自分で稼ぐ mem penadi 自分で努力を重ねる nature 自然に、当然 tio その事が tio の動詞は、fortigas, altigas kaj perfektigas fortigi 強固にする altigi 高める 
perfektigi 完璧にする kapablo 能力 digno 威厳 
personoce 人格 al ili は3つの動詞にかかり、彼らの→環境に恵まれない人達の all ili は日本語で考えるとちょっと難しいですが、例文をあげます。
Mi purigis viajn ŝuojn. = Mi purigis al vi la ŝuojn. 私はあなたの靴を磨きました。



Great minds and masterful spirits do not come from distinguished families nor from wealthy homes. On the contrary, they are more often born into poor families suffering adversity.
Because the wellborn come to depend too much on the people around them, and consequently seldom invent, discover, or create, they cannot enrich their true selves. On the other hand, because the less well off must earn their own livings, they are driven by circumstances to naturally invent, discover, and create a great deal. Thus they come to possess a unique strength and discernment, by which they eventually arrive at being accomplished persons.
(ウイリアム・ギルキー、田中雅道 共訳)

《解説》
minds 知性面からみた人
〈例〉Great minds think alike. 賢い人の考える事は同じだ 
spirit 〜の人
〈例〉a leading spirit of the movement その運動の指導的人物
masterful 名人芸の  come from 〜の出身  
distinguished 名高い 
not (A) nor (B) (A) ではなく(B)でもない wealthy 富裕な 
on the contrary これに反して
families suffering adversity 不幸に苦しむ家族 
the wellborn (複数扱いで)家柄の良い人 
come to 〜になる 
depend too much on 〜にあまりに多くを依存する
people around them 自分の周りの人達 
and consequently そして結果として 
seldom めったいに〜ない invent 発見する discover 発明する create 創造する enrich 豊かにする  
their true selves 真の自己  on the other hand これに反して the less well off より少なく順境にある、恵まれていない人
drive 余儀なく〜させる=compel  
〈例〉His wife's death drove him to despair.
妻の死で彼は絶望に陥った。
Hanger drove him to stealing 飢えに迫られ彼は盗みをした。
circumstances 周囲の事情、状況  a great deal 多く  
Thus このように 
They 彼ら=環境に恵まれない人達 possess 持つ 
unique strength and discernment 独自の力と洞察力   
by which それによって eventually 結局  
arrive atは〜に到着すると覚えている人が多いでしょうが、駅や空港などの場所に着くだけでなく、〜に到達する、例えば、We finally arrived at a conclusion. (私たちはついに一つの結論に達した) 
He is quick to arrive at a decision. (彼は決断が早い)のようにも使います。 
arriving at being accomplished persons 洗練された人間に到達する