誰にでもわかるエスペラント27 of EPA


誰にでもわかるエスペラントー英語との比較から その27 ー
講師:矢野裕巳 YANO Hiromi
動画はこちら→誰にでもわかるエスペラント講座27

出口日出麿著『生きがいの探求』

生きていることのおもしろさは、自分が絶えず何かを発明、発見、創造するうれしさである。それは、境遇のいかんによるものではない。
 僧雪舟はうしろに手を縛られていながら、こぼれ落ちた涙に足の指をひたしてネズミを廊下に描いていた。ガリレオは牢屋にとらわれていながら、ワラすべでポンプの理を考え出したではないか。

La intereso de vivo estas en la ĝojo: ĉiam ion elpensi, ion eltrovi kaj ion krei, sendemande pri la situacio de tiu homo.
Bonzo Seŝŝu, kun la brakoj kunŝnuritaj ĉe la dorso, desegnis raton sur la planko per la piedofingro, ĝin trempante je la larmoj falintaj. Galileo, estante en malliberejo, elpensis la teorion de pumpilo per pajlo, ĉu ne?
(伊藤栄蔵訳)


《解説》
La intereso de vivo 人生の興味 
estas en la ĝojo 喜びの中に存在する 
ĉiam 常に ion 何かを :(すなわち)ĝojo=elpensi(発明する) eltrovi(発見する)krei (創造する) sendemande 問題とせず 
pri la situacio de tiu homo その人の状況について 
bonzo=budhana pastro 坊主、僧侶
kun la brakoj kunŝnuritaj 腕(手)を縛られたままで  
ŝnuri 紐や縄でしばる ĉe la dorso うしろに、背中に 
desegni 描く rato ネズミ planko 床
trempi 浸す fali こぼれ落ちる larmoj 涙 
estante en malliberejo 牢獄にいて 
la teorio de pumpilo  ポンプの理論 
pumpi ポンプで吸い上げる 
pumpilo ポンプ
per pajlo わらを用いて 



Joy in living means taking delight in inventing, in discovering, and in creating something ceaselessly. It has nothing to do with the particular conditions under which we live.
The monk Sesshu, with his hands tied behind him, drew a rat in fallen tears on the floor with his toe. Galileo, while in prison, worked out the principle of the pump using stalks of straw.
(ウイリアム・ギルキー、田中雅道 共訳)

《解説》
Joy in living 人生の喜び means 意味する  
take delight in 〜に喜びを見いだす inventing 発明する事 
discovering 発見する事 creating 創造する事 
something 何かを ceaselessly 間断なく 
it has nothing to do with 〜とは何の関係もない 
the particular conditions under which we live私たちがくらす特別な条件
monk 僧、僧侶 with his hands tied behind him 後ろに手を縛られたままで drew 描いた a rat ネズミ fallen tears 落ちる涙 
on the floor 床に with his toe 親指で while in prison 牢獄にいる間 work out 考え出す、問題を解く  
the principle of the pump ポンプの原理 
using stalks of straw わらすべを用いて