誰にでもわかるエスペラント3 of EPA


誰にでもわかるエスペラントー英語との比較から その3 ー
講師:矢野裕巳 YANO Hiromi
動画はこちら→誰にでもわかるエスペラント講座3

出口日出麿著『生きがいの探求』

内面的な人ほど、その行ないは、わけがわからなく他人からは見え、外面的な人ほど、その行ないは、いかにも道理至極のごとくに見えがちなものである。
ちょっと断っておくが、活動の量が、より大きいものほどエライといっても、それは外面的、一時的にみてのことではない。

☆先月のポイント
〜すればするほど・・・だ
Ju pli (A) des pli (B ) (A)すればするほど(B)だ

エスペラント訳
Ju pli interneca estas homo, des pli nekomprenebla estas lia
ago en okuloj de aliaj. Ju pli ekstereca estas homo, des pli racia
kaj prava Ŝajnas lia ago.
Des pli eminenta estas homo, ju pli granda la kvanto de lia agado.
Sed tio ne eatas laŭ ekstera mezuro, provizora.
(伊藤栄蔵訳)

《解説》
interneca「内面的」
en okuloj de aliaj は「他人の目には」でaliaj の後ろにhomoj が省略されている
ekstereca「外面的」
racia 理性的な
prava 正しい ago 行為、行い
ŝajni 〜と思える
Lia ago ŝajnas racia kaj prava 彼の行動は理性的で正しいと思える
eminenta ひいでた
kvanto 分量
mezuro 寸法
provizora 臨時の、一時的の


英語訳
If a man is introspective, he may appear puzzling to others,
and if a man is an extrovert, his doings may naturally seem to others quite reasonable.
Although I have said that man can be judged according to the
extent of his activity, I do not refer to outward appearances or temporary measures.
(ウイリアム・ギルキー、田中雅道 共訳)

《解説》
introspective「 内面的」
puzzling 困らせる
extrovert「 外面的」
ここでは、 extrovert は 不定冠詞 an がついて「 外面的な人」
although 〜だけれども according to 〜によって
extent 範囲、程度  refer to 言及する
outward appearances 外面的な様子
temporary measures 一時的な方法

英文では
「〜すればするほど・・・だ」の構文
the 比較級、the 比較 
は使われていません。
翻訳者によってさまざまな表現方法がある事がよくわかります。


出口日出麿著『生きがいの探求』
自分で自分の悪い気持ちと戦うということは必要である。 こうした難関を一つ突破するごとに、少しずつ、一般的邪悪をも征服する力がついてくるのである。
つねに、自分に負けている人は、いつまでたっても霊的向上をなし得ない人である。外的にも内的にも、つねに自分に楽な仕事ばかりをしている人は緊張を欠くから、役にたつ人にはなりがたいものである。

☆今月のポイント
Estas +副詞(ーe) +不定詞( ー i )
〜することは必要である
Estas necese batali kontraŭ sia malbona penso.
batali の前に por (al ) ni を入れてもいいです。

エスペラント訳
Estas necese batali kontraŭ sia malbona penso.
Trabatante unu post alia
la pezajn barojn de membatalo,
homoj iom post iom proprigas al si la
kapablon superregi la ĝeneralan malbonon.
Homoj venkataj ĉiam de si mem, ne povas spirite progresi por eterne.
Homoj, kiuj faras laborojn nur facilajn,
tiel ekstere, kiel ankaŭ interne,
ne spertas streĉojn kaj tial tre malfacile fariĝas vere utilaj estuloj.
(伊藤栄蔵訳)

《解説》
kontraŭ 〜に反して、〜と戦う
sia malbona penso 自己の悪い考え
trabati ( 道を)切り開く、(世間を)渡っていく  
trabatante 切り開く事によって
unu post (la) alia つぎつぎに 
la pezajn barojn de membatalo 自分との戦いの重い障害は
trabatante の目的語 iom post iom 少しづつ
proprigi al si 自分のものにする
superregi la ĝeneralan malbonon( 一般的悪を征服する)はkapablon を修飾しproprigas al si の目的語
venki 敵に勝つ、打ち勝つ
venkataj ĉiam de si mem ( 自分自身から常に敵に打ち勝たれた)
がhomoj を説明していますspirite 霊的に  progresi 進歩する
por eterne 未来永遠に、いつまでも   
tiel A kiel ankaŭ B  A 同様にB もまた
tiel ekstere kiel ankaŭ interne( 外的同様に内的にも)が
laborojn nur facilajn ( 簡単な仕事だけを) を修飾しfaras ( 行う) の目的語になっています
そして kiuj からinterne までが、homoj にかかり、homoj の動詞がspertas ( 経験する) で
目的語がstreĉo ( 緊張)
tial だから  vere utilaj estuloj 真に有益な人間


☆今月のポイント
It is 形容詞+不定詞(to +動詞の原型)
〜することは必要である
It is necessary for us to struggle against the evil in our own hearts.
for us( 私たちにとって)は to struggle の意味上の主語です。

英語訳
It is necessary for us to struggle against the evil in our own hearts.
Each time we overcome such hindrances, little by little we gain
strength to conquer larger evil.
Those who always give in to themselves will never attain
spiritual elevation for any length of time. If we handle only
things that are physically and mentally easy,
the resulting fl abbiness will make it
diffi cult for us to become effective persons.
(ウイリアム・ギルキー、田中雅道 共訳)

《解説》
against 〜に反して、〜と戦う  
the evil in our own hearts ( 私たち自身の様々な感情の中の悪)
overcome 〜に打ち勝つ
hindrance 妨害
little by little 少しずつ
conquer larger evil(より大きい悪を征服する)は
前のstrenght( 力)を修飾
always give in to themselves ( 常に自分自身に負ける) が
前のthose who を説明しています
give in to 負ける attain 獲得する  
spiritual elevation 精神的向上
never 〜any length of time どれだけの時間がたっても
physically and mentally easy ( 体的にも霊的にも楽な) が 
things にかかる
resulting fl abbiness 結果としての気力のなさ
it はto become efective persons ( 有益な人になること) を
指している