誰にでもわかるエスペラント16 of EPA


誰にでもわかるエスペラントー英語との比較から その16 ー
講師:矢野裕巳 YANO Hiromi
動画はこちら→誰にでもわかるエスペラント講座16

出口日出麿著『生きがいの探求』

仕事をすれば損がいくように思う人があるが、これはたいへんな間違いである。
その気で仕事をすれば、しただけは、霊的に自分の所得となっているのである。
その仕事をおぼえるというだけでも、たしかに、それだけ、その人に力がついたわけで、まして、その仕事を1つの模型として会得する霊的な所得というものは、実に偉大なものである。
人間はどうせ、神から見れば不完全きわまるものであるから、どんな人も謙虚な気持ちで、少しでもより多くの事柄を会得して力をつけ、神の僕としてのつとめをつくすように心がけねばならない。

Iuj pensas ke labori estas perdi.
Absoluta eraro ! Kiom homo
laboras sincere, tiom li akiras spirite.
Ne nur li pligrandigas sian
kapablon per la sperto,
sed anakaŭ multe pliriĉigas sian spiritan
proprieton per la sugestoj el la laboro.
La homo estas malperfekta
estaĵo en la okuloj de Dio.
Do ĉiu homo devas esti humila kaj peni
proprigi al si kiel eble plej grandan forton
per lernado por esti taŭga
servisto de Dio.
(伊藤栄蔵訳)

《解説》
Iuj pensas ke 〜 ある人達はke 以下のように考える→
ke 以下のように考える人達もいる
labori estas perdi 労働する事は失う事である。
absoluta eraro 完全な誤り  
kiom A、tiom B  A の分量(数)にあわせて、B する
homo laboras sincere 人が真摯に労働する 
li akiras spirite 人が霊的に獲得する  
〈例文〉 
Mi preparis tiom da donacetoj, kiom da gastoj mi havis.     
私は客の数にあわせて、小さな贈り物を用意しました。

ne nur A sed ankaŭ B A だけではなく、B もまた 
pligrandigas より大きくする
sian kapablon per la sperto 経験を用いた独自の能力を 
pliriĉigas より豊かにする
sian spiritan proprieton 独自の霊的所有権を 
per la sugestoj el la laboro 労働からの示唆、ヒントを用いて
malperfekta estaĵo 不完全な存在 
la okuloj de Dio 神の目 devas esti 〜でなければならない
devas peni 〜  努力しなければならない 
proprigi al si 〜 〜を自分のもの
にする。手に入れる kiel eble plej 〜 できるだけ〜 
grandan forton 大きな力を
proprigi の目的語 
〈例文〉 
Venu kiel eble plej frue. できるだけ早く来なさい。 
Li elektis librojn kiel eble plej facilajn.
できるだけ簡単な本を選んだ。
per lernado 学習を用いて  por esti 〜 〜になる為に  
taŭga servisto de Dio 神の役立つ(有用な)僕(しもべ)


One may think he loses something by having to work.
This is a mistaken notion.
Any work done with due attention becomes a spiritual asset. If by simply learning a job one has benefi ted a great deal,
then think of the spiritual gain in wholly mastering that job.
Man is, after all, an imperfect being in the eyes of God.
Therefore, each person must gain strength by penetrating
to the essence of matters,
while humbly remaining mindful of his duty as God’s servant.
(ウイリアム・ギルキー、田中雅道 共訳)

《解説》
think の後ろに接続詞that が省略。loses something 何かを失う 
by having to work 働かなければならない事によって 
mistaken notion 間違った観念(考え、意見)
Any work done with due attention 
適切な(相応の)配慮でなされたいかなる仕事も
spiritual asset 霊的資産
by simply learning a job 単純に1つの仕事を学ぶ事によって  
benefi t 利益を得る、為になる a great deal ずいぶん
think of 〜 〜について考えてみなさい spiritual gain 霊的資産 
in wholly mastering that job
その仕事を包括的(全体的)に取得(マスター)することにおいて
after all 結局  imperfect being 不完全な存在 
the eyes of God 神の目 therefore それゆえに 
gain strength 力を得る 
by penetrating to the essence of matters
物事の本質に浸透する事によって 
while その一方で、同時に  humbly 謙虚に 
mindful 心に留めて、忘れないで 
remaining mindful of his duty 自分の義務を心にとどめ続ける
as God’s servant 神の僕として