誰にでもわかるエスペラント19 of EPA


誰にでもわかるエスペラントー英語との比較から その19 ー
講師:矢野裕巳 YANO Hiromi
動画はこちら→誰にでもわかるエスペラント講座19

出口日出麿著『生きがいの探求』

見よう聞こうとあせらなくても、その位置にさえ進めば、自然に見え、自然に聞こえてくるのだ。世の人々は、適当な位置に我が身を進めるという先決問題を忘れて、いたずらに、見よう聞こうとあせっているのである。
では、その位置に身を進めるということは、どういうことであるかというと、一口にいえば、真に自己をいつわらない生活をするように努力し、精進したらよいのである。

Ne tro avidu vidi aŭ aŭdi. Tute nature vi vidos kaj aŭdos, nur
se vi atingos la ĝustan pozicion. La homoj en la mondo, forgesante la antaŭkondiĉon t.e. atingi la ĝustan pozicion, nur vane avidas vidi aŭ aŭdi.
Kiamaniere oni povas atingi la ĝustan pozicion? Unuvorte nur
penu ekskluzive vivi la vivon ne sin trompante.
(伊藤栄蔵訳)

《解説》
avidi 渇望する、しきりに欲しがる 
ne tro avidu あまりに~する事を望みすぎないように 
vidi aŭ aŭdi 見たり聞いたりする事
tute nature 全く自然に 
vi vidos kaj aŭdos 見たり聞いたりするでしょう
nur se ~ ただ~さえすれば atingi 到着する
ĝusta pozicio 適切な位置 forgesi 忘れる 
antaŭkondiĉo 前提条件 
t.e.  tio estas の略で すなわち 
atingi la ĝustan pozicion 適切な位置に到着する事 
nur vane ただ無駄に kiamaniere どんなふうにして 
unuvorte 一言で言えば 
penu vivi la vivon  生活を生きるよう努力しなさい 
ekskluzive もっぱら、排他的に、独占的に 
trompi だます、あざむく 
ne sin trompante 自分を欺くことなく


It’s useless to strain to see or to hear. If you bring yourself up
to the proper level, things will come naturally into your vision and earshot.
People have forgotten this essential condition—to bring
themselves up to the high mark—and so they struggle vainly to see and hear.
If this be so, then what does bringing oneself up to the
proper level mean?
In short, it is to make efforts and devote oneself to
living a truthful life without self-deceit.
(ウイリアム・ギルキー、田中雅道 共訳)

《解説》
it は形式主語で to strain to see or to hear が真主語 
strain 懸命に努める事 見たり、聞いたりしようと懸命に努め
る事  
useless 無駄である  earshot 声の届く距離 
例 out of earshot 呼んで聞こえないところに 
  within earshot 呼んで聞こえるところに  
vainly 無駄に、いたずらに If this be so 条件節・譲歩節などの
中で、(文語)そうならば make effort 努力する 
devote oneself to ~ 専心する self-deceit 自己を欺く事